右脳トレーニングで右脳開発なら、速音聴の高速学習教材、デジタル速音聴(デジ速)

トマティス理論(4)

皆様こんにちは!

デジ速ドットコムの筒井です。

 

今回、トマティス理論の最終回となります。

今回のテーマは、「なぜ日本人は外国語に弱い?!」です。

 

トマティス理論では、一つは人間の声は耳で聞いた音しかしゃべれない。
もう一つは、
英語、我々が英語をしゃべれないという理由の一つに、
英語の音が聞けていないというのがあるんですね。

端的にそれを証明する方法として、
日本人は鶏が鳴く声をコケコッコと言いますが、
コケコッコというのはすごい低周波なんですが、英語ではどうでしょうか?
コッカドウドゥルドウでしょう。

我々からすると変な鳴き声ですね。
でもイギリス人には現実にそう聞こえている訳なんですね。
現実にコッカドウドゥルドウと聞こえてる人がいる訳ですね。

でも、日本人ではどう聞いたって、コケコッコとしか聞こえてない。
そういう耳だからなんですね。
このことは、中学の時に英語を習っていて不思議だったのです。

 ではなぜかと言うと、英語は2キロヘルツ以上の音で殆ど区別している。
日本人は、1.5キロヘルツで話しているからなんです。
日本人の耳というのは、11歳で確立する。

これを民族耳と言うのですが、日本人の民族耳というのは確立するんです。
だから、皆さん英語を勉強しているようだけど、
実は英語の音が聞こえていないので、英語がわからなくなってしまう。
だから、12キロとか20キロあたりまできれいに耳が聞こえるようになってから、
英語を勉強しましょうと言って、
「マジックリスニング」とかいう商品が最近出てきています。
デジ速でもそれ以上の効果はあります。
(胎児音という8kHz以上の音で速聴を聞くことができるようになっています。)

 しかし私は、耳作り、耳が出来ていないといって、
良いスピーカーを使わないで悪いスピーカーを使っていたら、
こんな良い高音は出てないので、ますます英語がわからくなり、楽しくないと思う。
でも、英語って高音なので、英語を聞くだけで、
実は、脳の方にエネルギーが要って元気がよくなる。
だから、高音の英語を話す西洋人は、元気で活動的なんでしょうね。
そういう感じですね。
つまり、日本人は1.5キロヘルツで話しているので、
さっきの身体の図のどこで話してるかというと、お腹の当たりですかね。
だから下見てボソボソと、「今日は、元気ですか?」とか。
しかし、英語は、2キロヘルツ以上ですから、頭のあたりですね。

だから英語でhelloと日本人がいうとおかしく聞こえるのでしょうね。
本当にテンション上げて元気にいわないといえないでしょう!

 さっきの聴力曲線だけでスーと解るんですけど、低周波が落ちていて、
高周波が強い人は、感性が豊かで企画力がある人、
逆に低周波が強い人、高周波がこう落ちている人は、
どちらかと言うと身体を動かして仕事するのに向いてるというか、
そういう全部、性格まで出てくる。

何キロヘルツがおかしいというのが出てくると、
ああこの人は胃が悪いとか、体の具合まで分かってしまう。
聴力曲線を見ると、何歳くらいにいろんなことが、怒られたとか、
聞きたくないとかという耳にトラウマが残っていて、
それで音が聞けなくなっているとかですね。
そんな方向が全部出ていると言うんですね。

とても深い一端なんですが、でもすごいですね。
もう、最初聞いて、こんなに耳と心と身体というものが繋がっているってこと自体に、
非常に驚いたんです。

 それで、トマティス先生が言ってる、脳にエネルギーをというのは、
ご飯食べれば良いと思ってると思うんですけど、
トマティス先生がいっているのは、脳を動かすエネルギーの90パーセントが、
8キロヘルツ以上の音から作られるということです。

耳って複雑な形してると思うんですが、ここに8キロヘルツ以上の、
聞こえないかもしれないですけど、エネルギーを入れて、そこから脳の中に
エネルギーを注入してくれるいうことなんです。

これは、本当に実験されたらいいんですが、横で高い音をかけながら仕事をされたら、
ホーント、脳が元気でずーっと、夜やっていても疲れなくて仕事が出来ます。

脳にエネルギーをやったら、ながら勉強もこの歳になっても、
あんなにも結構エネルギーを受けながら、
ながら勉強してるのかなあと思うんです。
しかし、その時に良い音の出る音響を与えなければなりません。

 3つ目が、さっき言った耳のストレス。聴力だけで、身体のストレスとか、
心のストレスも判るというものです。

だから、本当にピリピリした方とかを調べたら、
やっぱり骨導曲線が出てるとか、張り込むんですね。
だけど、そこそこの人は、今のところ「デジ速」をやれば、保護とかを受けるので治る。
95パーセントは治っているように見えるので、それがすごく嬉しいなあと思っているんです。